レディー

妊娠線は早い段階で予防しよう|自信のある肌づくり

疲れ顔もチークですっきり

美容液

顔の印象を一瞬で変えてくれるメイクコスメが、チークです。明るめの色を選ぶと、夕方に生じがちなくすみも解消出来ます。チークのカラーバリエーションは幅広く、色々なタイプがあります。ハイライトカラーとのセットは、フェイスカラーとしてもおすすめです。

詳しく読む

人気の美肌ケアアイテム

背中

これまでのクレンジング剤よりも肌に優しく、洗浄力の高いアイテムとして、ホットクレンジングが人気を集めています。肌にしっかりと馴染むゲルタイプが多く、肌に必要な皮脂は残したまま、余分な汚れのみを取り除くことが出来るという魅力があります。

詳しく読む

あらゆる肌トラブルに

ウーマン

ビーグレンは日本ではまだ知名度は高くありませんが、海外の化粧品ではなく日本人が使うことを考えて開発された化粧品です。サイエンスコスメとも呼ばれており、確かな科学的根拠にもとづいて開発されています。その効果を最大限に発揮するために医療分野でも使われた浸透技術をビーグレンでは使用しています。

詳しく読む

不足しているものを補う

妊婦さん

年齢を重ねるごとに不足

女性というものはいくつになってもきれいでありたいという気持ちをもった生き物なんだとつくづく思います。百貨店で1階メインフロアにあるのはコスメティックブランドのブースです。それだけでなくテレビのコマーシャルの1割以上は化粧品関連のものです。それも現在は肌年齢にあわせた化粧品が驚くほどの種類が発売されています。20代であれば好きな香りのするもので選ぶことができますが30代になると話は変わってきます。20代と30代のお肌は驚くほど張りが違うことに30代になって気づかない女性はいないでしょう。30代から40代になって驚くことは笑いしわがそのまましわとして肌に刻まれる現実にとまどいます。ですからホウレイ線対策をほどこした化粧品が手放せなくなってきます。

しっかり補い充実な毎日

40代から50代になれば更年期障害の影響もあってか化粧品がより一層機能重視のものを選ぶ必要があります。50代から60代、ここがとても大切で60代になるとシミもしわも諦めてしまう女性がいることも事実です。それでも60代、諦めてしまった人とそうでない人とではその後が全く違ってきます。60代はお肌に不足しているものをしっかり補ってくれる化粧品を選びましょう。さらさらの化粧水が好きであっても濃厚なものが必要です。60代の肌は20代の肌と比べて水分も油分も激減しています。それがしわやしみの一因となっているので水分、油分やコラーゲンなどお肌に必要なものをしっかり供給してくれる化粧品を使い続けることが60代であってもはりのあるつや肌で1日、華やかな気持ちでいきいきとすごすことができるでしょう。

妊娠をした場合のケア

40代や50代と年齢に合わせて使用する化粧品を変える必要があるのですが、妊娠をした際にも化粧品を変える必要があります。妊娠中はホルモンバランスが乱れやすく、肌も荒れやすくなるので注意が必要です。また、顔のケアだけではなくお腹や太ももなどのケアも欠かすことが出来ません。それは妊娠時の乾燥と皮膚の引っ張りによる妊娠線が挙げられます。妊娠線が出来てしまうとひび割れのような見た目になってしまうので、出産後に後悔してしまう人は少なくないでしょう。また、お腹だけケアをしても膨らんだお腹で見えにくい太ももなどに妊娠線が出来ている可能性もあります。見えにくい部分ではありますが、全身しっかりとケアしておくことで予防することが出来るでしょう。